貴金属、専門用語

使わない宝飾品は宝石買取の専門業者に鑑定してもらうと思わぬ高額になる場合があります

宝石を使ったジュエリーは購入するときには大変高額ですが、身に付けて使用したとたんに価値は下がり、デザインに飽きて使わなくなる頃にはジュエリーの価値は低くなっていると言われていましたが、それは以前の話なのをご存知でしょうか。近年ではアジアの発展途上国と言われていた国々が目覚しい経済発展をし購買力を高めた結果、宝石や貴金属の需要が上がり、例え使用したジュエリーでも高価にブランド買取されるケースが多くなっています。使われなくなったジュエリーをお持ちの方は一度鑑定に出されてはいかがでしょうか。

問い合わせるだけならとても手軽にできるようにネットで受け付けている宝石買取サイトも沢山ありますから、ネットで検索することですぐに相談に乗ってくれる専門業者をみつけられるでしょう。店舗が自宅近くになくても宅配買取のサービスをしているサイトもあり利用すると便利です。その際には鑑定書があると電話での相談ができますし、ある程度の価格の交渉もできるでしょうからぜひ鑑定書も揃えてください。古いジュエリーなどは鑑定書自体昔の物で信憑性に不安があったり、宝石自体の価値も買った当時とは異なっていて鑑定書が役に立たないと思われているのでしたら間違いです。そのままで通用しますから宝石買取のときには用意しましょう。

鑑定書がなければ安く買い叩かれそうな不安をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、信頼のおける業者ではジュエリーの貴金属部分は重さによって適正な価格で取引されますし、宝石は鑑定できるスタッフがいますから鑑定書の在る無しでジュエリーの価値は左右されること無く買い取りされるでしょう。初めての買取では貴金属、専門用語など知らないことが多くなかなかお店に入る勇気がもてないものですが、スタッフになんでも質問をしてみてその対応の仕方や店の雰囲気から信頼できそうな業者なのか判断してみたらいかがでしょうか。店頭での買い取りの流れについては、ジュエリーを鑑定士が査定をし査定額はすぐにその場で提示されます。

この時点で気になることがあれば質問して査定金額の理由なども詳しく聞いてみるとよいでしょう。納得のいく答えがなければそのお店で買取をお願いしなくて取りやめましょう。満足のいく査定がされたら現金で支払われます。取引の金額が大きくなることもありますから、宝石買取は慎重に業者を選ぶように心がけて失敗のないように気をつけることも大切です。

更新情報

2014/03/17 相場を更新しました

2014/03/17 合金を更新しました

2014/03/17 純度を更新しました

2014/03/17 貴金属、専門用語を更新しました

2014/03/17 インゴッドを更新しました

2014/03/17 買取を更新しました

2014/03/17 相場を更新しました

2014/03/17 相場を更新しました

2014/03/17 合金を更新しました

2014/03/17 純度を更新しました